辻亜樹子氏らによる2012年6月18日以降発生している事件についての調査報告書

2013年10月21日
2014年6月29日 装丁一部改定

本件は犯罪に関する記述であり、加害者が特定されており、被害の事実が既にあり、今後発生する被害を防ぐため公共の福祉に鑑み加害者は実名にて記載する。

経緯

肖像者を名乗る者からの削除名目の嫌がらせ、妨害、当社及び関係者の著作が不当に削除され権利が侵害された。業務が停止し、当社の信用をいたずらに毀損した。

留意事項

*上沼紫野弁護士が辻亜樹子氏の依頼を受任した経緯について弁護士としての疑義がある。懲戒請求に値するかどうかの判断は猶予する。よってその部分についての言及は一旦猶予する。

この記載は直接に権利を有する一法人としての記載である。権利者全員の代表声明ではない。
本件記載に於ける当社とはXLANG LLC(合同会社XLANG)である。
本件記載に於ける肖像者は混乱を防ぐため辻亜樹子氏に限定する。
記載に於ける著作者は当社社員であり、著作権者は当社及び当社社員その他権利をライセンスされた者とする。
当該著作の諸権利は当社も保有する。
当社が所有する本件に関する原盤及びコンテンツは、商材と記載する。
パブリシティ権については人格権に含めて記載する。
本件に於ける辻亜樹子とは日本在住の元プロ社交ダンサーであり元アダルトポルノ女優である。
辻亜樹子氏は有料アダルトサイト(美しく麗しく、mirei.cc)経営時は木原亜樹子氏であった。
その他whispering gallery 等の名義にて他サイトと相互リンクをし運営。
*同姓同名の別人の被害を防ぐため記載する。
本件についての証拠は商材でもあるため商品価値を失わないよう留意して公開する。

被害(既遂)

画像等著作物削除による著作権侵害

https://twitter.com/msd_6
http://lsfxr.tumblr.com/image/9381075586
http://lsfxr.tumblr.com/image/9288645581
http://lsfxr.tumblr.com/post/9288605521
http://lsfxr.tumblr.com/post/9288543667
http://lsfxr.tumblr.com/post/9288471796
http://lsfxr.tumblr.com/post/9221319018
http://gazzlo.tumblr.com/image/51615260179
http://gazzlo.tumblr.com/post/13495998612
http://msdmsd.tumblr.com/post/51615351217
http://msdmsd.tumblr.com/post/9293170784
http://community.img.mixi.jp/photo/comm/9/58/1010958_247.jpg

名誉毀損

2013年8月22日ほか、tumblr社に虚偽の情報を与え著作物削除の上、関係者が警告を受けた。
2013年10月10日、関係者に株式会社ミクシィから侵害情報の通知書 兼 送信防止措置に関する照会書が送付され著作物削除。2013年10月21日に判明。
当社社員の業務に支障をきたす内容の個人情報の漏洩。

営業妨害

原盤管理業務の一部停止
関係各社の業務遅延
犯罪である為通報の義務執行による業務の停止
本件による出版活動の停滞
プロジェクトの中断
本来得られるべき関係者の利益喪失

その他本事件を形成する過程で付帯した一切

証拠(一部)

書籍

ISBN-4-901102-10-9
インターネットアダルトサイト完全攻略  英知出版社(167頁)

記載に関連する店舗

パラドックスアンジェリックママレイド(東京都渋谷区 http://www.paradox-jp.com/)
ブラックハート(東京都中央区 http://www.bar-blackheart.com/index.html)
他、全国書店等

該当webサイト

http://www.diana.dti.ne.jp/~mirei/(当時のサイト女神の唇http://home.att.ne.jp/zeta/wetlips/等にリンク)
http://www.mirei.cc/(上記同様当時のサイト女神の唇等にリンク)
http://www7.big.or.jp/~gasha(出演)
whispering gallery(当時爆笑人体改造計画http://www.cmo.jp/users/bakushow/等にリンク、big.or.jpサーバ)

辻亜樹子氏の既遂を含めた削除申請の目的は(個人的嫌がらせを含めた)業務妨害である。プライバシーの主張はその為の詭弁である。

1、 著作者と辻亜樹子氏が過去交際していた事実もあり確認が難航した。交際以前から著作者は音楽家であり、デザイン、フライヤー、CD、映像作品を制作していた。交際の事実を辻亜樹子氏は悪用した。出演した辻亜樹子氏が作品として公開される事を希望していたとの著作者の主張は、証拠により明白であり正当である。表現及び出版活動の為商材が使用される事を辻亜樹子氏が知らないとの主張は認められない。また辻亜樹子氏のプライベート画像との主張は証拠により虚偽である。著作者と辻亜樹子氏が交際するきっかけは当時辻亜樹子氏が運営していた本人の裸体画像を中心としたアダルトサイトであった。

2、 2006年、辻亜樹子氏が死亡したと判断しうるメールが著作者に送信されていた。人格権についての一切の問題が消滅したものと判断した為、当社は権利を取得した。本件発生後辻亜樹子氏の悪戯と判明したが、確認を行なわなかった事については癌が進行中である辻亜樹子氏の状態から判断し妥当であり、社会通念上特に問題が無い。本件発生後も当社の権利はより補完し証明され、なんら出版の自由を妨げるものではない。

3、 著作者本人のサイト及びメールアドレスは本件以前から公開されている。辻亜樹子氏はその事実を知っていたにもかかわらず複数の別のアドレスに送信している。送信内容は辻亜樹子氏が肖像者である事を証明するものではなく、当社社員の生存権に関わる個人情報が当社と著作者以外にも頒布されていた。その他辻亜樹子氏なりの違法な証拠隠滅の方法も記載されていた。肖像者である事は一切証明せず、いたずらに作品制作及び原盤管理、権利調整に関する当社業務を混乱させ妨害した。

4、 撮影の段階から作品制作及び公開を前提とし辻亜樹子氏は当然それを認識していた。一部は辻亜樹子氏自身がポルノ女優として自らをアピールするため本人の意志で既に書籍、WEB、店舗等で公開されていた。本人の意志で個人を特定出来る画像も公表されている。その広告により辻亜樹子氏は精神的利益だけでなく金品等経済的利益を得ていた。作品の種類を問わず辻亜樹子氏の人格が傷つけられるとは全く認められない。

5、 原画等商材は辻亜樹子氏自身の一次著作となるもの(公開済み商材含む)も含め辻亜樹子氏から正式に受け取ったものであり、使用利用の一切を著作者に委ねて譲渡している。肖像権人格権パブリシティ権の侵害は認められない。現在は当社の財産及び商材の一部でもある。また被害にあった著作者への権利譲渡関連書類を辻亜樹子氏が無断で破棄するなどし、一部証拠の隠滅がなされていた。

6、 商材について辻亜樹子氏は現金やコンピューター修理代金を負担させた他、金品にて、著作者から既に出演報酬を受け取っていた。

7、 辻亜樹子氏は著作者の住所、氏名その他名義を無断で借用しサイトを運営し本件に関わる一部を公開していた。(以下無断サーバ)無断サーバに於いて公開された作品は著作者の財産であり、譲渡された当社の財産でもある。

8、 受任した上沼紫野弁護士は2013年5月23日当社社員との通話に於ける話し合いにおいて法的に疑義のある依頼である事を充分に知りえた。その上でtwitter社、tumblr社、株式会社ミクシィに削除を申請し、実行させ、不当に関係者の名誉と財産を失わせた。

9、 本件において既に当社や作品制作に関わった複数の利益が何重にも損なわれた。

10、 本件は辻亜樹子氏がいたずらに人格権(肖像権含む)を悪用した事案である。辻亜樹子氏から送信された主張は事実と異なっていた。

11、 作品の内容については頒布及び発売される地域に合致したものであり、当社は判断を行なわない。

12、 本件は刑事上の犯罪構成要件を満たしている。民事に於ける紛争だけではなく通報の義務が発生する刑事事件である。そのため当社は2013年9月12日に当社代表らが福岡中央警察署に出頭し事情を説明した。

13、 この調査については当社の業務の範囲を大幅に越えている。十年以上前の記録や一万点以上の証拠を確認する為に関係者は精神的苦痛、経済的損失を負った。 本件により発生した損害の一切は辻亜樹子氏が負担すべきものである。

14、 辻亜樹子氏らは犯罪を既遂したが当文面作成の段階に於いて逮捕されていない。また次の犯罪を行なわない旨を何ら宣言していない。公共の福祉に鑑み実名公表は名誉毀損の対象外である。

以上、調査の上相違ないと判断した。

これ以上の被害を防ぐ為にも同商材が関連する国内外のプロジェクト、作品制作及び発売は続行を認める。

XLANG LLC